2011年06月07日

溶血性尿毒症症候群(HUS)に女性はなりやすいのです。

ヨーロッパのO104には女性がかかりやすいのかという疑問から、溶血性尿毒症症候群の統計を調べたのが前の記事です。

前の記事が長すぎたので分けましたが、統計の詳細は前の記事を見てください。

 ⇒O104の特徴「女性で発症者が多い」


ここではまとめと私の意見を述べます。

以上の2008年から2010年の日本でのHUSの臨床統計を全部比較して見てわかるのは、

1.毎年4000例以上の腸管出血性大腸菌感染症が認められていること

2.感染確認者の約70%が有症者である(下痢など何らかの症状がある)こと

3.有症者の3%強(30人に1人)がHUSを発症していること

4.男女比はおよそ1:1.6で、女性にHUS発症者が多いこと

5.HUSの発症者は小児が圧倒的に多いこと

でしょうか。


EHEC感染者の中での男女比は、ここで見つけた統計ではわかりません。

ですが、HUSを発症している人(重症化している人)は明らかに女性の方が多いことがわかります。


ということは、新型である理由の一つのように騒がれているヨーロッパのO104が女性患者が多いということ、これは新型の特性ではないのではないかと思えます。

なぜなら、上にあげたようにふつうのO157感染症でもHUSになり易いのは女性であり、成人の場合はさらに女性が多いことがわかります。

もともと「成人では、古典的なEHECであるO157の感染が重症化し易いのは女性」と考えていいのです。


ヨーロッパのO104感染の場合、有症者の30%以上がHUSになっているということからすると、重症化率が高い強烈なEHECであることは間違いない。

そんな菌に感染すれば、もともとのO157の持っていた「成人では、古典的なEHECであるO157の感染が重症化し易いのは女性」という状況がより濃く反映されるだけなのです。


ということで、O104が新型である理由の一つに女性が発症しやすいというのは、これ、過去の疫学統計を良くみてない医療関係者の勘違いだと思います。

もちろん、女性が男性よりもさらに気をつけるべきであることには違いありません、ただし、O104に限らず、O157なども含めたEHEC全体について気をつけるべきです。


どうして女性で発症者が多いのかですが、シンプルに思いつくのは解剖学的な違いです。

女性は尿道口が肛門に近く、尿道も短いためにさまざまな細菌感染による尿道感染が起こりやすいのです。

腎盂腎炎の発症比率は男女比1:30という統計もあります。

と言うことから、汚い話で申し訳ありませんが、下痢便による尿道感染から腎臓内の上皮細胞や血管内皮細胞にEHECが取り付く可能性もあるのではないでしょうか?


そうでないよ、EHECによるHUSは血行性に流れ込んだ毒素によるものだよ、というのであれば、

腎臓の毛細血管内皮に発現しているベロ毒素の受容体となる分子の発現量に男女差がある(女性で多く発現している)のではないでしょうかね。

妊娠中に上昇する血流はかなりのものですから、もともと女性の方が腎機能は強くできているのではないでしょうか?

それで高性能な毛細血管内皮となっているのが徒となって毒素が入ってきたときにたくさん取り込んでしまい易いと。

posted by HUS-EHEC at 20:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュースにひとこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/208089657
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。