2011年06月09日

溶血性尿毒症症候群(HUS)の治療方法は?

HUSと聞くと、私のようにそれほど詳しくない医療関係者が真っ先に思いつくのは腎透析です。

ですが、腎透析に向かう前にできることがいくつかあります。


基本は腎疾患の治療に共通する戦略ですね、体内水分量と塩分量を補正することです。

これがうまく行くだけで様々な症状を和らげることができますし、その後に起こる出来事も予防することができます。

これはしかし、あくまでも対症療法です。


進行した場合の治療法には、血漿輸注、プロスタグランジン製剤、抗血小板剤、へパリン、FOY、血漿交換等があります。

エフオーワイ(FOY)(小野薬品、主成分ガベキサートメシル酸塩)は、血液凝固に関わるトロンビンと活性型第X因子の働きを抑えることで、血液が凝固すのを防ぐ薬です。

いずれの治療薬も血管で血液が固まる状態を何とかしようと言うもので、FOYなどは世界的に有名な汎発性血管内血液凝固症の治療薬でもあります。


また、赤血球や血小板の輸血が有効である場合もありますが、凝固がコントロールできていないとかえって悪化させることもあります。

すぐに透析できる状態で、医師の判断でやってみるということですね。


最終的な治療方法の腎透析をするべきかどうかはBUNの数値など、いくつかの検査項目で決められます。

小さい子供の場合は透析をするための血管を確保するのが難しいので腹膜透析を行うことになるはずです。

腎透析は、検査数値が改善するまで繰り返し行われますが、ほとんどの症例では短期間の透析で回復できます。


ごくまれに腎臓のダメージがゆっくり進行して慢性じん不全へと移行しそうになるケースがあるようです。

その場合はたんぱく制限食やACEインヒビターなどの薬剤投与で時間をかけて改善させるトライアルがなされます。


HUSは、ならないにこしたことはない病気の代表例ですね。。。
posted by HUS-EHEC at 01:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 溶血性尿毒症症候群とは? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。