2011年06月13日

腸管出血性大腸菌感染症の診断と治療方法を述べよ(内科試験対策)

腸管出血性大腸菌感染症について、診断と治療方法を含めて述べよ (内科学的観点から)


今回は内科の試験のつもりで書いてみます。
(また一般の方はスルーしてください。)


腸管出血性大腸菌感染症とは、ベロ毒素遺伝子を獲得したことにより病原性を持つに至った大腸菌(腸管出血性大腸菌EHEC)が引き起こす感染症を指す。

EHECは汚染された食物を経口摂取することで感染する。経口摂取した人の約半数が発症すると考えられており、潜伏期は経口摂取後3〜8日である。

EHECの産生するベロ毒素は腸管上皮細胞や血管内皮細胞を集中的に攻撃して細胞死に至らしめるので、腸管粘膜細胞が死んで脱落し、さらに腸管の血管壁も破壊される。

このために激しい腹痛とともに頻回に粘性のない水溶性の血便が排泄され、「赤ワイン様下痢」という表現もされる。

発熱は出血性下痢が続いている間に一過性に出ることが多い。


下痢の初発症状から約7日から10日後に溶血性尿毒症症候群HUSや、脳症などの重篤な合併症を発症する場合がある。

(下痢が激しい場合や、抗生剤を使用した場合にHUSの発症率が高いことが報告されている)

HUSになると赤血球が破壊されて貧血になるために血色が悪くなり、腎機能が阻害されることで浮腫が認められる。

脳症の場合、けいれんや意識混濁などの神経症状が出る。

HUSの発症頻度は典型的なO157:H7の大腸菌型の場合で1%から10%の範囲とされるが、これを大きく超える例もときどき認められる。


診断は症状と食事内容の問診からEHECによる消化管感染をまず疑い、治療を進めつつ、便などの感染細菌の型の判定により行う。

O157あるいはベロ毒素に対する特異抗体での検査が主流であるが、今後はPCRによる大腸菌の遺伝子型診断が主流になっていくものとも割れる。


治療方法は、下痢だけの場合は補液と対症療法により、自然回復を待つ。個人差はあるが、一週間前後の安静と管理により自然回復する。

HUSを発症した場合の治療方法としては血漿交換や抗凝固療法などを行い、腎臓内の血流改善による腎機能の回復を試みるが、これが奏功しない場合には速やかに人工透析により腎機能を補う。

脳症を発症した場合は脳圧亢進にならないように補液管理を行いつつ、抗凝固療法により、血栓が増えることを阻止する。

posted by HUS-EHEC at 19:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 試験対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。