2011年06月19日

腸管出血性大腸菌感染の症状を軽くする方法について


腸管出血性大腸菌感染症は次第に症例数が増えてきているのが世界的な傾向です。

しかも今年、2011年のドイツのO104のようにそれまで危険とは考えられていなかった大腸菌が一気にいくつもの新しい能力を獲得してアウトブレイクを引き起こすことがあります。

大腸菌、あるいは大腸菌と近縁の細菌同士が同じ環境にいた場合、遺伝子ベクターの役目をするプラスミドによって簡単に遺伝子の受け渡しが行われるために、大腸菌はどんどん変化します。

だから、同じ腸管出血性大腸菌と言っても少しずつその感染症状が変わって行ってるんですね、O157:H7だと判断されたとしても、それが昨年流行った腸管出血性大腸菌かどうかは分からないのです。


また、抗生剤の使用はタイミングを間違えると溶血性尿毒症症候群をかえって引き起こしやすくすることから、使用には慎重にならざるをえません。

薬剤耐性遺伝子を持つ大腸菌が増えているのも最近の傾向で、感染早期に薬物治療で何とかすると言う方法はこの細菌感染症には使えないと思うのが正解です。

ではどうすればいいのでしょうか?


ひとつには感染しないように予防することですね、生食を避けると言うことです。

そして、手洗いをきちんとすること、体力を落とさないこと。

腸管出血性大腸菌感染予防の五カ条

これらの項目をきちんと守ることで、感染しないようにするのが理想です。


しかし、それでも食べてしまうことはありますよね、山形のだんご屋さんの柏餅やみたらし団子で感染した騒ぎ、あれは誰も予想できなかった感染でした。

生肉や生野菜ならともかく、お菓子屋さんの作っている和菓子でO157に感染するなんて。

と言うことでそういう不測の事態に備えて有効(かもしれない)方法をお伝えしておきます。


ビフィズス菌を毎日摂取するようにすればいいのです。

ビフィズス菌が腸を細菌から守る仕組み解明


ビフィズス菌は我々の腸の中に住んでいる善玉菌です。

そのビフィズス菌は善玉菌とも呼ばれるのですが、腸内環境を正常に保つ能力があることが知られています。

「もやしもん」と言う漫画を読むとわかりやすく書いてあるのですが、常在細菌とは我々の皮膚や腸、口の中や鼻の中など、外界と接する場所に住んでいる細菌です。

その常在細菌は宿主の健康状態を健全に保つ能力を持っています。

だって、そうすることで自分の居場所の安定が保たれるわけですから、ヤドカリとイソギンチャクみたいな共生関係が成立するのですね。


上にあげたリンクの先の話はネズミの実験で、人間で試したわけではないのですが、人間でも基本は同じだと思います。

同じ焼き肉屋で同じものを食べても、同じだんご屋の同じ柏餅を食べても、発症する人と発症しない人のいる理由の一つが、その人の腸に住んでいる善玉菌の能力の差かもしれないと思われます。


いいビフィズス菌の入っているサプリメントや発酵食品を毎日食べるか、ビフィズス菌の育ちやすい食生活を心掛けるかが、腸管出血性大腸菌感染症へ感染したときに症状が軽くすむかどうかの重要なカギなのかもしれません。
上の話の元となった論文のリンク先のタイトル、著者です。

論文投稿から受理まで一年以上もかかるものなのですね。

http://www.nature.com/nature/journal/v469/n7331/full/nature09646.html

Bifidobacteria can protect from enteropathogenic infection through production of acetate

* Shinji Fukuda,1, 2
* Hidehiro Toh,3
* Koji Hase,1

Journal name:
Nature
Volume:
469,
Pages:
543?547
Date published:
(27 January 2011)
DOI:
doi:10.1038/nature09646

Received
11 September 2009
Accepted
04 November 2010
Published online
26 January 2011

The human gut is colonized with a wide variety of microorganisms, including species, such as those belonging to the bacterial genus Bifidobacterium, that have beneficial effects on human physiology and pathology. Among the most distinctive benefits of bifidobacteria are modulation of host defence responses and protection against infectious diseases.  著作権を考えて以下省略、リンク先を読んでみてください。
posted by HUS-EHEC at 07:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 腸管出血性大腸菌について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。